つやプラ

つやっときらめく美をプラス

旬の白い野菜でヤセ体質に!?生でも温でも美味しい野菜3つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

一年を通してほとんどの野菜が手に入る時代ですが、それぞれの野菜には旬があります。夏に美味しいと感じたキュウリやレタスのサラダより、ポトフなどの温かい野菜が美味しい季節になりましたね。とくに冬は、寒さから運動量も減るため、積極的に野菜から食物繊維をとって、腸の動きをサポートすることが大切です。

生でも温でも!腸活サポートに!冬に美味しい白い野菜3つ

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、生でも温でも美味しい冬野菜を3つご紹介します。

■冬が美味しい白い野菜3つ

(1)大根

生でも温でも!腸活サポートに!冬に美味しい白い野菜3つ

夏場に比べ甘みが強くなる冬の大根。特に上の部分は甘みが強く、生食に適しています。ですが、東洋医学では大根は身体を冷やす野菜に分類されているので、冷えが気になる方は生ではなく、お味噌汁や煮物、炒め物など加熱調理をしてから食べましょう。

大根は、腸内で善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維が豊富な野菜です。寒くなるこれからの季節は、腸の動きも緩慢になりがちですから、腸活のためにも積極的に食べたい野菜です。

(2)カブ

生でも温でも!腸活サポートに!冬に美味しい白い野菜3つ

カブも、冬は甘みが増して美味しくなります。カブは、身体を冷やす性質がないので、サラダで食べたい場合には、カブを選ぶと良いでしょう。

カブの葉は、β-カロテンが豊富です。β*カロテンは粘膜の健康を保つために欠かせない栄養素です。空気が乾燥するこれからの季節、粘膜を強くしておくことは、ウィルスから身体を守るサポートになります。さっとゆでて刻んでお浸しで食べたり、お味噌汁に入れたりして葉まで丸ごと食べましょう

(3)白菜

生でも温でも!腸活サポートに!冬に美味しい白い野菜3つ

お鍋の定番野菜である白菜。白菜はうま味成分が豊富な野菜です。ほとんどが水分なため、おうち時間が長いと、ついつい食べすぎてしまうという方に適した野菜です。お鍋に入れるほか、お味噌汁や炒め物、細く刻んでサラダで食べることもできます。

また、白菜はカリウムが豊富な野菜です。日ごろから濃い味を好む方、お惣菜やお弁当を多く食べる方は、塩分過多の傾向がありますから、白菜を食べてナトリウムとカリウムのバランスを保ちましょう

寒くなると、運動量も減って便秘になる方が増えるようです。しっかり野菜を食べて食物繊維をチャージして、余分なものをため込まないヤセ体質を保ちたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

 

【関連記事】
納豆菌がパワーUP!?腸活に◎な「納豆の食べ方」2つ
アンチエイジングなら八丁味噌!?味噌の美容的使い分け方
豆乳で朝の体を温める!簡単!腸活ホット朝ご飯レシピ3つ
翌日のお味噌汁を美味しくする!ちょい足し美容食材4つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら