つやプラ

つやっときらめく美をプラス

NGフォームで効果半減!?部屋の角を使った美尻スクワット

フィットネス美トレーナー
MIKA

すっかり定着してきた「お家トレーニング」。お家時間が増えたことで、家のなかでちょっとしたトレーニングをする方が増えています。すごく良いことですが、一人で実践していると間違った姿勢やフォームで行っていることが多く、身体を痛めてしまう場合もあります。

せっかくやる気を出してお家トレーニングをしたのに、やってみたらかえって身体を痛めてしまっては意味がないですよね。

息を吸いながら膝を曲げて、お尻を後ろに引きます。この時、膝とつま先の方向が同じになるように(膝が内側に向かない)、両脇の壁に膝がきちんとつくのを確認しながら行うことがポイントです

フィットネス美トレーナーの筆者が、美尻に導く「ワイドスクワット」の正しいフォームをお家の壁を使って解説します。きちんとした姿勢やフォームで行えば、しっかりとお尻に効果を感じることができます。

■膝とつま先の向きを同じにすることがポイント

膝とつま先の向きを同じにすることがポイント

筆者のプライベートクラスに参加している生徒さんが整体の先生にスクワットをすすめられ、YouTubeを見ながら家でやってみたところ、反対に膝が痛くなってしまったという方がいます。その生徒さんのスクワットの姿勢やフォームを見てみると、スクワットの大切なポイントである「膝とつま先の向きを同じにする」ということができていませんでした。

これではスクワットを行うたびに膝に負担がかかり、一生懸命にスクワットをやっても膝が痛くなってしまうのです。なので、正しいフォームで行いましょう。

壁のコーナーに立ち、両手を胸の前でクロスさせて足をやや広めに開きます。膝とつま先を同じ方向に向けてください

(1)壁のコーナーに立ち、両手を胸の前でクロスさせて足をやや広めに開きます。膝とつま先を同じ方向に向けてください。

息を吸いながら膝を曲げて、お尻を後ろに引きます。この時、膝とつま先の方向が同じになるように(膝が内側に向かない)、両脇の壁に膝がきちんとつくのを確認しながら行うことがポイントです

(2)息を吸いながら膝を曲げて、お尻を後ろに引きます。この時、膝とつま先の方向が同じになるように(膝が内側に向かない)、両脇の壁に膝がきちんとつくのを確認しながら行うことがポイントです。

この動作を10回×3セット行いましょう。

今まで行っていたスクワットと比べてみて違いを感じましたか? 使っている筋肉の感覚も違うかもしれませんね。ケガを予防するためにも、トレーニングは正しいフォームで行うように心がけましょう。

今回は動画でもご紹介していますので、動画を見ながら一緒に行ってみてくださいね!

(フィットネス美トレーナー MIKA)

 

【関連記事】
40•50代の浮き輪肉を落とす!3分脇腹エクサ[動画あり]
垂れ尻を上向きヒップに!骨盤の位置も整う1分間小尻エクサ
1日1分で体幹力UP&代謝のいい若見えボディになるエクサ
おば見え予防に◎骨盤底筋群を鍛える「座ったままエクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら