つやプラ

つやっときらめく美をプラス

芽キャベツの美味しい食べ方は?ビタミンCで免疫力アップ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

小さくコロコロとして可愛い「芽キャベツ」。キャベツをそのまま圧縮したような印象を受けますが、キャベツと栄養価などを比べると、芽キャベツのほうが優れているといわれています。

芽キャベツの美味しい食べ方は?ビタミンCで免疫力アップ

冬が旬にあたるので、今が丁度美味しい時期です。そこで今回は、「ビタミンたっぷりな芽キャベツの美味しい食べ方」をご紹介しましょう。

■豊富なビタミンで免疫力を高める

芽キャベツの見た目はキャベツの子どものようですが、成長してキャベツになるわけではありません。実の付け方などに違いがあります。

栄養面においてもキャベツより優れているとされ、「ビタミンC」がとにかく豊富です。美容効果にも非常に良く、免疫力を高める効果も期待できます。

冬の時期が旬なので、この時期に是非、食べたもらいたい食材です。

■茹で方がポイント

芽キャベツは葉がガッシリしているので、生では食べにくく、えぐみもあります。なので、食べる際は、下茹でする必要があります。

そのまま茹でると内側まで火が通りにくいので、底の茎の部分に「十字の切れ目」を入れてください。茹でているうちに浮き上がってくるので、箸などで混ぜながらしっかり火を通しましょう。

■芽キャベツを使ったおすすめ料理3選

(1)シチュー

芽キャベツは、ホワイトシチューやポトフなどの煮込み料理にピッタリです。緑色が鮮やかで、料理が彩りよく仕上がるのも嬉しいですね。

煮込みすぎると形が崩れるので、最後に入れるのがポイントです。煮込み料理に使用する場合は、下茹でする必要はありません。

(2)おひたし

おひたしにして、旬の素材の味を楽しんでもいいですね。

下茹でした芽キャベツを半分に切り、かつお節をかけて醤油やめんつゆでお召し上がりください。もちろん、ドレッシングをかけてサラダにしても構いません。

一番美味しい時期の、自然な甘さと歯ごたえを堪能してみてください。

(3)肉料理

油との相性がいいので、オリーブオイルとガーリックで炒めても美味しいです。お肉料理とも合うので、添えると見映えも良くなり、ヘルシーな仕上がりになります。

また、トマトのベーコン巻きのように、芽キャベツをベーコンで巻いても可愛らしいですよ。

いかがでしたか? 芽キャベツは見た目も良く、栄養も豊富なので是非、料理にとり入れて欲しい食材です。お弁当にも入れやすいサイズです。

旬の時期を逃さないようにどうぞ。

(料理研究家 オガワチエコ
雑誌やテレビ、書籍等で活躍中。著書に「彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん」、「おにぎらずの本」泰文堂、「スティックオープンサンドの本」講談社)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら