つやプラ

つやっときらめく美をプラス

痩せやすい身体に!代謝が上がる「ニーハイランジ」のやり方

エクササイズディレクター
森和世

「歳を重ねるにつれ痩せにくい」というお悩みは、「代謝の低下」が原因かもしれません。「加齢というお年頃ゆえの現象だから仕方ない」で片付けてしまうと、年々1キロづつ増えて5年後には5キロ増しということになってしまうかもしれません。

痩せやすい身体に!代謝が上がる「ニーハイランジ」のやり方

YOGAエクササイズディレクターの筆者が、痩せボディに導く「ニーハイランジ」をご紹介します。

■リズミカルに!痩せボディに導く「ニーハイランジ」

ご紹介するエクササイズは意外とバランスがとりづらい動きです。ポイントは、お腹と腰の体幹がブレないように意識をすることです。

「足が上がりづらいし、着地もしづらい」と思った人は、ゆっくりひざを腰まで引き上げて、ゆっくりつま先を床につける動作を丁寧に繰り返してください。

バランスがとれない状態で実践しても疲れるだけでターゲットとする筋肉には効果がないので、確認しながら実践してください。

呼吸も大切

「息を吸う時にひざを腰の高さに引き上げる」「息を吐くときにつま先を床につける」この動作と呼吸を合わせると、リズミカルにテンポがつくれるはずです。

最後に、ドローイング状態(お腹を腰に引き寄せる)を崩さないように意識してください。

期待できる効果

・ボディラインがスッキリ

・下半身、二の腕の引き締め

・ヒップアップ

・背中引き締め効果大

また、筋力がつくことで冷えにくい身体に近づき、コリや冷え、むくみの改善効果も期待できます。

注意する点

肩に痛みを感じる人は、無理のないようにチャレンジしてください。

実践回数&期間

週に3〜4回を目安に実践すれば、心身ともに変化を感じられます。

「ニーハイランジ」やり方

0.5キロ〜1キロのダンベル(ペットボトル)を用意してください。

吐く息とともにドローイング(お腹を腰に引き寄せる)をしたら、両手を肩の高さに引き上げます。この時、背中が丸まったり、反ったりしないように姿勢(くるぶし→ひざ横→大転子→肩→耳が一直線)に気をつけてください

(1)吐く息とともにドローイング(お腹を腰に引き寄せる)をしたら、両手を肩の高さに引き上げます。この時、背中が丸まったり、反ったりしないように姿勢(くるぶし→ひざ横→大転子→肩→耳が一直線)に気をつけてください。

そのまま吸う息とともに、右のひざを腰の高さに引き上げます

(2)そのまま吸う息とともに、右のひざを腰の高さに引き上げます。

吐く息とともに、左ひざが直角になる位置まで右つま先を大きく後ろに引き、両手も天井方向に伸ばします。この時、腰が反らないように注意してください。ドローイング状態をキープすることで、代謝アップが期待できます

(3)吐く息とともに、左ひざが直角になる位置まで右つま先を大きく後ろに引き、両手も天井方向に伸ばします。この時、腰が反らないように注意してください。ドローイング状態をキープすることで、代謝アップが期待できます。

(2)〜(3)の動作を8回ほど繰り返しましょう。反対側も同様に動作を繰り返し、慣れてきたら2セットを目標にチャレンジしてみてください。

いかがですか? ふらついてきたら、軸のひざを曲げてもOKです。

また、床につま先をつける時に、ドンっと大きな音がしないように体幹を意識しながら実践してください。バランス力とともに筋力がつき、代謝が上がって汗をかきやすい体質に変化してくるはずです。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「世界一カラダが柔らかくなるすごいポーズ」「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】

腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ

タレ尻NG習慣をチェック!上向き美尻に導く1分エクサ

たったの3分!腰まわりのムダ肉を落とすエクサ

ぽっこりお腹すっきり!便秘解消にも◎なヨガポーズ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら