つやプラ

つやっときらめく美をプラス

肌つやアップ!体調も万全に!イベント前日の簡単セルフケア

ウォーキング講師
長坂靖子

慌ただしい日常を送っていると、ついついケアを後回しにしがちです。

特別なイベントがある日の前日には、日常でとり入れることができる「お手軽キレイ習慣」を、すべて行いませんか? 心も身体も良いコンディションになり、イベントをより楽しめます。

肌つやアップ!体調も万全に!イベント前日の簡単セルフケア

特別な日を迎える時は、ワクワクして自律神経が活発になり、巡りが良くなることで肌のつやも良くなります。そこにケアをプラスすると、細胞が活性化され、つややかな外見となります。

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、心身のコンディションを整えるために前日にできる簡単ケア法をご紹介します

■イベント前日に行う「簡単キレイケア」7つ

(1)顔のうぶ毛処理

口元のうぶ毛は特に目立ちます。また、左右の眉毛がつながっているのも、忙しい日常が垣間見えて生活感がただよい、イベント感が薄れる一因となります。

うぶ毛の処理をすると、メイクのノリも良くなり、肌のトーンも明るくなります

(2)ゆっくり湯船につかる

忙しいとシャワーですませがちですが、イベント前日は湯船につかり、全身の毛穴を開いてしっかりと汗をかきましょう。身体の汚れをきちんと落としたら、お風呂上りにクリームをぬって保湿をしてください。

普段ボディクリームを使わない方は、乳液で肘とひざだけでもしっかり保湿をしましょう。この部分は黒ずみになりやすいので、うるおいを与えて黒ずみを緩和します。

(3)化粧水パックで肌をうるおす

日常で使用している化粧水を贅沢に使い、肌にうるおいを与えます。

お風呂上りに、化粧水をたっぷりしみこませたコットンを、目の下とほうれい線周辺、おでこに5分程度置きます。それ以上置くと乾燥して逆効果になりますので注意してください。

パック後は、通常通り乳液で水分の蒸発を防いでください。

(4)身体の状態を整える

就寝前に、軽いストレッチで身体のラインを整えます。

ラインを整えるのに効果的なのは、「体側伸ばし」です。両手を頭の上で組んで、身体を左右に倒します。呼吸を止めずにゆっくりと3回程度行います。

入浴後、筋肉が温まった状態で行うと効果的です。また、翌朝洋服を着る前に行うと、洋服のラインがすっきりとして、きれいに着こなすことができます。

(5)スマホを置いて、早めにベッドに入る

スマホのブルーライトは目によくないだけでなく、睡眠リズムを狂わせるといわれています。

また、スマホを見る姿勢は首にシワができやすく、二重あごを誘発する姿勢です。ゆったりした音楽を小さい音量でながし、心地良く入眠できる環境をつくりましょう

(6)目元の疲れをとる

電子レンジで温めたホットタオルを目元に置き、深呼吸をします。10分程度でタオルを外します。

リラックス効果のある「ラベンダー」などのアロマオイルをタオルに含ませても良いでしょう

(7)充分な睡眠

ご紹介した(4)(5)(6)は、良質な睡眠をとるための導入といえます。

睡眠不足でだるい身体でイベントに出席しても、おもいきり楽しめません。充分な睡眠をとり、ベストコンディションでイベントを楽しみましょう

忙しい毎日では、なかなか自分のケアに時間をさいている余裕がありません。しかし、「ここぞ!」という時はいつものケアにご紹介したポイントをプラスして、コンディションをしっかり整えましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】

腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ

タレ尻NG習慣をチェック!上向き美尻に導く1分エクサ

たったの3分!腰まわりのムダ肉を落とすエクサ

お腹のムダ肉がスッキリ!食べ過ぎも防止する「アブエクサ」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら