つやプラ

つやっときらめく美をプラス

手&耳のシミで老け見え!?シミ要注意パーツと美白ケア法

エステティシャン
永松麻美

「夏になって、シミが気になってきた」という方も多いかもしれません。顔は多くの方が意識的に美白ケアしますね。でもシミは顔だけでなくボディにもできることがあります。

手&耳のシミで老け見え!?シミ要注意パーツと美白ケア法

エステティシャンの筆者が、顔と比べてケアが後回しになるボディのシミのできやすい場所とケア方法をお伝えします。

■首の後ろ

首の後ろは、夏の間にうっかりと日焼けしていることが多い部分です。「気がついたら、顔や背中よりも色が黒くなっていた」なんて経験をしたことがある人もいると思います。

今からでも色の差や紫外線ダメージを増やさないために、日焼け止めを塗ることを徹底し、日傘を活用しましょう。また、顔よりもボディの方がターンオーバーが遅いことがあるので、顔のついでにピーリングや角質ケアを行うと、肌の生まれ変わりをサポートできます。

そして、お風呂あがりにオイルやクリームなどでしっかりと保湿をしてください。肌が乾燥していると代謝が悪くなったり、さらなる日焼けや肌ダメージのきっかけにつながります。

ちなみに筆者は、シミ改善に効果が期待できるといわれている「セサミオイル」で保湿をしています。

■手足の甲

手足の甲は、日焼けしやすい場所ですよね。紫外線対策とともに必要なのが乾燥対策です。

特に手は、家事や手洗い、仕事などで、とにかくうるおい不足になりやすいパーツです。もともと脂肪も少なく、ハリや弾力の落ちやすい部分だからこそ、冬以外の季節でもハンドクリームは必須です。

アラフォー女性には、ハリや弾力をアップする成分の入ったハンドクリームがおすすめです。手のシワ対策にもなります。秋冬もシワの原因になる「UV-A波」は降り注いでいるので、一年中紫外線対策を徹底しましょう

■耳の上、耳たぶ

おじいちゃんやおばあちゃん世代の方と接する機会のある方は、耳の上を見てみましょう。ほとんどの方にシミができています。そのくらい、シミ多発ゾーンだということがわかります。

朝、顔に日焼け止めを塗るついでに耳にも塗る習慣をつけましょう。顔のスキンケアの延長で、耳の上や耳たぶも一緒にケアをすると、色ムラやシミ対策になります。

少しずつ年齢による変化があらわれてくるこの世代は、小さなパーツこそ、日々のこまめなケアがのちのちの差につながります。コツコツつづければ見た目の印象も変わるので、シミ対策をしてみてくださいね。

ちなみに、デコルテもシミができやすい場所といえます。デコルテを出す服装の多い方は、デコルテも顔の延長だと思い、角質ケアや保湿ケアを心がけましょう。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美)

 

【関連記事】
矯正下着が臭いの原因に!?デリケートゾーンのお悩み解決法
NGケアで毛穴悩みが悪化?毛穴タイプの見極め方&最適ケア
歯磨きしながらほうれい線予防!「ながらdeたるみケア」3つ
冷やした化粧水がたるみを招く!?アラフォーのNGスキンケア

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら