つやプラ

つやっときらめく美をプラス

イベントシーズンこそ腸活!和のスーパーフード・味噌の魅力

管理栄養士
やなぎさわ えりな

日本の調味料の代表の一つといえば「味噌」ですよね。

味噌は長い間、日本人の食生活を支えてきました。味噌の栄養価は近年知られてきており、健康や美に多大な効果を期待できます。

味噌

行事の多い冬こそ、味噌を積極的にとり入れて健康的で美しい身体を手にいれましょう。管理栄養士の筆者が、味噌の魅力についてご紹介します。

■味噌の魅力

味噌の魅力

味噌は、大豆を主原料にして作られている調味料です。大豆を蒸して発酵し、熟成させたものです。

味噌には生命維持に必要な「必須アミノ酸」が全て含まれると同時に、「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」など、人間の身体に大切な栄養素が含まれています。

(1)抗酸化作用で美肌効果

年を重ねると、肌質が気になる方も多いと思います。シワ、たるみ、シミなどの悩みがたくさんでてきますが、そこで注目すべきは「味噌の抗酸化作用の力」です。

味噌が熟成する時に、原料である大豆等のアミノ酸と糖が反応する「メイラード反応」という色素から生まれる「メラノイジン」という物質は、糖化反応を和らげてくれる抗酸化物質のひとつです。また、味噌には老化の原因といわれる活性酸素を抑える成分「サポニン」が含まれています。

これらの成分が含まれていることから、味噌を摂取すると体内の老化スピードをおだやかにする効果が期待でき、肌質を保つことにつながります。

(2)腸内環境を整え便秘改善

味噌の熟成・発酵により現れる「メラノイジン」は、食物繊維と似たような働きをすることが知られています。メラノイジンは、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えます

腸内の善玉菌が増えると便秘改善につながるため、便秘に悩んでいる方は積極的に摂取していただきたい食品です。

(3)乳がんリスクが低くなる可能性も

味噌汁を毎日飲むと、乳がんになりにくくなる可能性があることを知っていますか? 厚生労働省の研究班による「味噌汁の摂取が多いほど、乳がんになりにくい」という調査結果が、2003年に発表されています。

40〜59歳の女性を対象に調査したもので、味噌汁を飲む量が1日1杯未満の人より、1日2杯:26%、1日3杯:40%と、多い人ほど乳がんの発生率が低いことがわかりました

いかがでしたか? 味噌は女性が必要とする栄養素を多く含み、健康な身体や美容に貢献してくれます。意識して食卓にとり入れたいですね。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
5分で完成!美腸と美肌づくりに◎な秋の「朝ごはん」レシピ
薬膳で更年期の不調をケア!心と身体をいたわる身近な食材
甘酒の飲み過ぎには注意!?「甘酒」の美容効果とデメリット
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
お味噌の効能(PDF) – 日本醸造協会
メラノイジンの生理機能(PDF) – 日本醸造協会
大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について – 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ
みその効用 – みそ健康づくり委員会

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら