つやプラ

つやっときらめく美をプラス

香りのレイヤリングで被らない!手持ちの香水で楽しむコツ

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

「新しい香水を買ってお出かけしたら、まったく同じ香りの人に出会って気まずい思いをした」「職場に同じ香水を使っている人がいるから、お気に入りの香りでもなんとなく使わなくなってしまった」……そんな経験をしたことはありませんか?

ほかの人とかぶらないオリジナルの香りを手に入れたいのなら、香水のレイヤードテクニックを使って楽しむことがおすすめです。

香水

コスメコンシェルジュの筆者が、レイヤードテクニックと合わせて、スメハラで周囲に迷惑をかけないために身につけてほしい対策もご紹介します。

■香りのレイヤリングとは?

自分だけのオリジナルな香りって素敵だと思いませんか? ほかの人とは違う香りにワクワクしますよね。

香りのレイヤリングとは、複数の香水を身にまとうことです。身体の同じところに香水を重ねづけするのではなく、さまざまな部分に違う香水を少しずつつけます

レイヤードの基本は、身体の上の方には軽めの香りをつけ、下にいくにつれて重めの香りをつけていきます。

香水を付ける部位

香水を付ける部位は、うなじ、腕の内側や手首、胸、ももの内側や足首などですが、あまり香りを前面に出したくない場合は、洋服で隠れるところにつけましょう。

髪の毛からもふんわりと香らせたい場合は、香水よりも軽い香りが特徴の「ヘアフレグランス」を使うことをおすすめします。

■レイヤード向けの香り

軽めの香り

誰からも好かれる「柑橘系」や、爽やかさが魅力の「アクア系」。

中間の香り

癒し系の「グリーン」や、愛され要素満載の「フローラル」。

重めの香り

大人の色気を感じさせる「ムスク」や、甘く濃厚な「バニラ」。

これらを、その日の気分や服装に合わせてレイヤードします。

■スメハラにご注意

スメハラ(スメルハラスメント)とは、自分が発する香りにより、人を不快にさせることです。自分にとっては良い香りでも、周囲の人が迷惑だと感じている可能性もあります。

毎日香水をつけていると香りに慣れてしまい、いつの間にかつける量が増えていることがあるため、「香水をつけない日を作る」「家族や親しい人に香りのことを聞いてみる」などして、スメハラの加害者になっていないかチェックしましょう。

いかがでしたか? 香水のレイヤリングは、手持ちの香水を使ってすぐに始められます。今まで香水は1種類だけ使っていたという人も、気軽にチャレンジしてみてくださいね。そして、くれぐれも、香りが周囲を不快にさせていないかには注意してください。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
お洒落のつもりが老け見え?大人女性が手放すべきアイテム
楽ちんワンピで老け見え!?大人のワンピ着こなし術3つ
即、二の腕が細く!老け見えしない「袖の形」&コーデ術
ゆるシルエットは太って見える!?大人の細見えコーデ術

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら