つやプラ

つやっときらめく美をプラス

胃腸の疲れは体調不良の元?胃腸をいたわる食材&簡単レシピ

管理栄養士
今井尚美

年末年始の飲み会などで、胃腸は疲れがちになります。胃腸の疲れは免疫力の低下をまねき、体調不良の原因となってしまいます。

胃腸の疲れは体調不良の元?胃腸をいたわる食材&簡単レシピ

管理栄養士の筆者が、胃腸を休めたいときに食べたいもの、さけたいものと、胃腸にやさしい簡単レシピをご紹介します。

■胃腸が疲れる原因とは?

30代・40代からのエイジングケアを楽しむ女性の美容マガジン│Life & Aging Report

「最近、体の疲れがとれない……」そんな人は、もしかしたら胃腸が疲れているのかもしれません。

胃腸の状態には食生活が大きく関わっていますが、具体的にどのような食事が胃腸疲れを起こすのでしょうか?

(1)高脂肪の食事

脂質が多い食事は、消化に時間がかかり、胃腸の負担が大きくなります。

たまになら良いですが、高脂肪の食事が当たり前になっているという人は要注意です。

(2)夜遅くに食事をする

胃の中に食べ物が残ったまま寝てしまうと、寝たあとも消化のために胃腸がはたらき続けることになります。

興奮状態となるため、寝付きが悪くなってしまいます。

(3)早食い

早食いする人は、噛む回数が少ない場合が多いようです。

よく噛むことで満腹中枢が刺激されますが、噛む回数が少ないと満腹感を得にくく、食べ過ぎてしまうことになります。

■胃腸が疲れるとどんなことが起こる?

食べ物を消化するためには、多くのビタミンやミネラルが必要です。胃腸が働き詰めの状態になると、ビタミンやミネラルも消費されます。

免疫力の維持や体調管理に欠かせないビタミンやミネラルが消費されると、全身の不調を招いてしまいます。

■胃腸を休めたいときにおすすめの食品、さけたほうが良い食品

飲み会が続いたり、仕事が忙しくて、食事のことまで手が回らないこともありますよね。胃腸を休めたいときの食品やレシピをご紹介します。

胃腸を休めたいときにおすすめの食品

キャベツ、大根、白菜、にんじん、かぶ

豆腐、鶏むね肉、白身魚、卵、乳製品、うどん

消化が早く、食物繊維や脂質が少ないものがおすすめです。また、ビタミンやミネラルも多いものも良いでしょう。

さけたほうが良い食品

ごぼう、れんこん、きのこ類、海藻類、豆類

香辛料、バター、生クリーム、ラーメン

脂っこいものは胃の停滞時間が長いため、胃の負担となるため、さけましょう。

■胃腸を休めたいときにおすすめの簡単レシピ

(1)野菜たっぷり!胃腸にやさしい、卵うどん

胃腸が疲れたら食事を変えてケア!胃腸を休める簡単レシピ

材料・2人分

うどん 2玉

白菜 2枚

大根 80g

卵 2個

めんつゆ 100ml

水(めんつゆが3倍希釈の場合)300ml

作り方

(1)白菜、大根は食べやすい大きさにカットします。

(2)鍋にめんつゆ、水を入れて火にかけます。白菜、大根を入れます。しんなりしてきたら、うどんを入れて弱火で3分ほど加熱します。

(3)卵を回し入れ、卵がかたまってきたら火を消し、余熱で卵に火を通して出来上がり。お好みでネギを散らしても良いですね。

(2)白身魚の酒蒸し

昆布でとっただしとゆずの皮で香りも良く、食欲がわく一品です。

材料・1人分

白身魚(たら、鯛がおすすめ) 1切れ

ほうれん草 1/3束

だし昆布 10センチ角

酒 30ml

水 30ml

醤油 大さじ1

ポン酢しょうゆ 大さじ1

ゆずの皮 適量

作り方

(1)魚は両面に塩をふっておきます。

(2)ほうれん草は茹で、食べやすい大きさにカットしておきます。

(3)フライパンにだし昆布をしき、魚をのせ、酒・水・醤油を入れて加熱します。

(4)魚に火が通ってきたら、ほうれん草をいれます。

(5)皿に取り分け、ポン酢しょうゆをかけ、ゆずの皮を散らします。

昆布は消化があまり良くないため、だしを取るために使用すると良いでしょう。

健康を維持するためには、胃腸をいたわりたいものです。暴飲暴食が続いたときや胃腸を休めたいときなどに、ぜひ参考にしてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

【関連記事】
ついスーパーで無駄遣いしている!?食費が高くなるNG行動
栄養士に聞く、ダイエットフードに「高野豆腐」が最適な理由
甘酒の飲み過ぎには注意!?「甘酒」の美容効果とデメリット
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
※国際栄養食品協会 監修『サプリメント管理士 第2巻 健康とサプリメント』(2015年)株式会社SSFK研修センター
※佐藤和人、本間健、小松龍史 著『エッセンシャル臨床栄養学第5版』(2009年)医歯薬出版

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら