つやプラ

つやっときらめく美をプラス

低糖質・低カロリーでアレンジ自在!「塩キャベツ」の活用術

ベジ活アドバイザー
生井理恵

「塩キャベツ」は塩とキャベツだけなのに美味しく、アレンジがきいて保存性もあります。簡単に作ることができるので、最近人気が高まっていますよね。

カロリーが低く低糖質のキャベツは、かしこく使えばダイエットや免疫力強化にも役立つ野菜です。

万能野菜でダイエット!「塩キャベツ」のパワーと活用術

ベジ活アドバイザーの筆者が、塩キャベツのパワーと活用術についてご紹介します。

■材料はキャベツと塩だけ!塩キャベツの作り方

材料(つくりやすい分量)

・キャベツ 2分の1玉

・塩 大さじ2分の1弱(キャベツの大きさによって加減してください)

作り方

(1)キャベツは細切りにして水洗いします。

(2)キッチンペーパーなどで水気をしっかりと切ったら、保存容器(もしくはジップロック)にキャベツを入れます。味がなじむように2〜3回にわけて塩を加え、冷蔵庫で保存します。

■塩キャベツのパワー

食事前に食べてダイエット

最近の研究では、食べる順番が健康に大きな影響をもつことがわかってきました。塩キャベツに代表されるような野菜を食事の最初にとることで、血糖値の上昇を抑えて血糖を脂肪に変えにくいと考えられています。

手軽に作ることができ保存性もある塩キャベツを、ダイエット中に活用してみてはいかがでしょうか。

低カロリー&低糖質

キャベツは、カロリーが低くヘルシーな野菜です。1食あたりの糖質量も低くく、ダイエット中も安心して食べることができます

キャベツだけだと栄養がかたよるので、ほかの野菜や肉、魚などと一緒にとれるメニューにするとバランスがとれますよ。

咀嚼回数アップで暴飲暴食予防

食物繊維たっぷりのキャベツは、意識せずとも噛む回数が増える野菜です。「早食いの人とそうでない人に比べて肥満のリスクが4.4倍も違う」という研究もあります。

よく噛むことは満腹中枢を刺激して暴飲暴食予防にも役立つため、ダイエット中は無理なく塩キャベツを食事に活用したいですね。

■塩キャベツの活用法

塩キャベツは塩とキャベツだけなので、さまざまな料理にアレンジしやすいという利点があります。味噌汁やスープに入れてもいいですし(塩分は調整する)、豚肉に巻いて焼いても美味しいですよ。

サンドイッチやパスタの具材としても重宝します。食パンの上に円形にのせて、中央に卵を落として焼く「巣ごもり塩キャベツ」にしてもいいですね。常備菜として使うだけではなく、既存の料理に加えたり塩キャベツを加えて別の料理にもなる汎用性もおすすめする理由です。

冷蔵庫で3〜5日ほど日持ちする「塩キャベツ」。ダイエットや体調管理に役立つほか、塩キャベツ1つで調理のバリエーションも広がります。よかったら試してみてください。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵)

 

【関連記事】
毎日飲んで紫外線対策!美肌づくりに役立つ身近な飲み物3つ
不足しがちな栄養たっぷり!バスク風チーズケーキのレシピ
芯まで美味しく食べて美肌に!春キャベツの簡単レシピ2選
トマトジュースで代謝アップ!?冷えない身体を作る飲み方

【参考】
時間栄養学 – キユーピー
早食いする大学生は肥満になりやすい 3年の追跡調査で確認 – 岡山大学
食品の糖質量 – サラヤ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら