つやプラ

つやっときらめく美をプラス

室温○度だと眠りの質が上がる!?ぐっすり眠るためのヒント

理学療法士
矢間あや

本格的な寒さの季節となりました。「冬は布団が恋しくて、なかなか布団から出るのが大変」という方も多いのではないでしょうか。

外が寒くなってくると、当然、部屋の温度も下がってきます。では、どの位の室温で寝ると快適に眠ることが出来るのでしょうか?

良質な睡眠

理学療法士の筆者が、快適に眠れる部屋の温度についてご紹介します。

■快適に眠れる部屋の温度

結論から言うと、快適に眠れる室温は「16〜26度のあいだ」です。

ずいぶん幅があると思われるかもしれませんが、これは一年間をトータルで見た数字です。

夏と冬とでは、快適な温度が異なります。どのように違うのか、見ていきましょう。

冬の睡眠には16〜20度が快適

寒い冬は、16〜20度前後が快適に眠れる温度とされています。

また、乾燥しがちな冬は、湿度にも気をつけたいところです。湿度は一年を通して、50〜60%が快適とされています。乾燥が激しくなる冬の時期は、乾燥対策もしっかり行いたいですね。

パネル・ヒーターは、空気を乾燥させないため、冬にオススメの暖房器具です。

夏の睡眠には24〜26度が快適

逆に、夏に快適に睡眠出来る温度は、24〜26度といわれています。

日本の夏は、最近では夜でも放射冷却の影響でなかなか涼しくならず、暑いままということもあります。

夏は輻射熱により、日中に住居や寝室内に熱がこもり、冷房を入れてもなかなかきかないことがあります。そんな場合は、日中に遮光カーテンを使用して、直射日光の侵入を防いたり、水撒きや植物などを栽培して日差しを遮る工夫がオススメです。

■温度の急激な変化を避ける

もう1つ、この冬に覚えておきたいのが「ヒートショック」という言葉です。急激な温度差は、心臓や脳の血管や血液の流れに大きな影響を与えます。

温度の急激な変化で、血圧が上下に大きく変動すると、失神したり、心筋梗塞や不整脈、脳梗塞を起こすリスクが高まったりします。これは「ヒートショック」と呼ばれる現象で、とても危険です。

ヒートショックが起きないようにするためには、トイレやその他の場所に暖房器具を設置したり、断熱材やカーテン・内窓を設置・有効活用したりすることです。これにより、屋内での急激な温度差を回避することをおすすめします。

ヒートショックは高齢者になるほど影響を受けるといわれています。家庭に高齢者がいる場合は、特に気をつけてください。

良質な睡眠は免疫力を高めるなど、健康のためにも大切です。室温を適切にキープし、ぐっすり眠れる環境を用意して、健康な身体をつくる睡眠を手に入れましょう。

(講師/理学療法士 矢間 あや)

 

【関連記事】
働くことが大好き!?「バリバリ働いて稼げる星座」トップ3
すぐできる行動で開運!12星座別「2021年の開運アクション」
有意義にお金を使える?12星座別・2021年上半期の金運
素早く切り替え運気UP!物事がうまくいく人が使う魔法の言葉

【参考】
堀忠雄・白川修一郎 監修、日本睡眠改善協議会 編集『基礎講座 睡眠改善学』(2008年)ゆまに書房

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら