つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ストレス食べに傾く40・50代に◎簡単!小魚おやつレシピ

美容ライター
ユウコ

湿度も高く気圧の変化も多いこの時期は、心身のバランスが崩れがちなとき。イライラ、クヨクヨとした気分から、食べ過ぎに走りやすくなります。そんなときにとり入れたいのが「小魚」です。

小魚

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、罪悪感なく間食にとりいれやすい小魚の活用法と、手軽なレシピをご紹介します。

■気分のゆらぎで太りやすくなる!?

今の季節は自律神経が乱れやすく気分も安定しにくいので、ストレスを感じやすい時期です。すると、心を落ち着かせようと甘いものなどの間食に走ってしまい、夏を前にして体重が増えるケースが多いもの。

この時期のダイエットは、気分のゆらぎを抑えることから考えましょう。

■「ストレス食べ」には、高カロリーなものが選ばれがち

ストレスを解消するためには、口当たりがよくて満足感が高いスイーツや揚げ物、ピザ、パスタといった高カロリーで高脂肪な食べ物が選ばれがちです。

こうしたものを頻繁に食べないよう、日頃から心を安定させておきたいところです。

■カルシウム・マグネシウムを十分に

ストレスを和らげるために欠かせない成分は、「カルシウム」と「マグネシウム」です。どちらも不足しがちな栄養素ですから、心がけて摂取しましょう。

また、更年期の不調改善にも役立つミネラルでもあります。

■手軽につまめる「小魚スナック」で補う

「カルシウム」と「マグネシウム」を摂取するために、間食代わりに手軽にとれる”小魚スナック”の常備がおすすめです。ちょっと口寂しくなったときに、お菓子の代わりにつまみましょう。

「鉄」や「亜鉛」「たんぱく質」も豊富に含まれているので、バランスのよいおやつになります。また、よく噛むことで満腹中枢も刺激され、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

■「小魚スナック」レシピ

手軽に作ることができる「小魚スナック」のレシピをご紹介します。

材料(作りやすい分量)

・小魚 100g

・酒 大さじ2

・てんさい糖 大さじ3

・すりごま 適量

作り方

(1)小魚は乾煎りして、一度とり出しておきます。

(2)鍋に酒、てんさい糖を入れて加熱し、てんさい糖が溶けたら火を止めて(1)とすりごまを加えます。

(3)全体をよくからめれば完成です。

そのほか、コンビニやスーパーでも「アーモンドフィッシュ」や「食べられる煮干し」といったスナック風の小魚が売られていますので、おやつにはぜひこういったものを積極的に選んでください。心をおだやかに整えることも、大事な美容法のひとつです。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
老化しないために40•50代が食べるべき魚3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ
糖化を防ぐ!老けないパンの食べ方
朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」

【参考】
カルシウム Ca – わかさ生活
マグネシウム – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら