つやプラ

つやっときらめく美をプラス

●●するだけで白髪が減る!?すぐできる1分頭皮ケア[動画あり]

ヘアメイク
mayu3

アラフィフ世代になると、白髪や薄毛が気になりますよね。白髪や薄毛の原因の1つに、「自律神経の乱れ」が挙げられます。特に、女性は更年期の女性ホルモンの乱れによって、自律神経のバランスも乱れやすくなります。

ヘアブラシ

メディカル美容矯正士である筆者が、白髪や薄毛対策に役立つ「自律神経のバランスを整えるブラッシング術」をご紹介します。

■「ブラッシング」のメリット

自律神経のバランスが乱れると血行が悪くなりやすく、頭皮のこりを招きます。頭皮のこりは白髪や薄毛の原因につながりますので、こり固まった頭皮をもみほぐして自律神経のバランスを整えることが大切です

頭皮マッサージは絶対にブラシでないとダメというわけではなく、手でマッサージしてもかまいません。ブラッシングは、「ハンドマッサージがむずかしくてできない」「ハンドマッサージは疲れる」という方に向いているやり方です。ブラッシングのやり方も簡単なので、頭皮マッサージ初心者の方も試しやすいでしょう。

■自律神経のバランスを整えるブラッシング術

STEP1:顔側(生え際)から頭頂部に向かってブラッシング

鼻筋の延長線上の生え際からスタートします。ブラシをあてたら、そこから頭頂部に向かってブラッシングしてください

鼻筋の延長線上の生え際からスタートします。ブラシをあてたら、そこから頭頂部に向かってブラッシングしてください。心地いいと感じるくらいの力加減で行いましょう。

次は、こめかみ側の生え際にブラシをあて、そこから頭頂部に向かってブラッシングします

次は、こめかみ側の生え際にブラシをあて、そこから頭頂部に向かってブラッシングします。

次は、耳上からスタートし、頭頂部に向かってブラッシングします

次は、耳上からスタートし、頭頂部に向かってブラッシングします。

顔の片側が終わったら、反対側も同じように行ってください。

STEP2:襟足から頭頂部に向かってブラッシング

襟足部分から頭頂部にかけてブラッシングします。

ブラシをあてる位置

ブラシをあてる位置

最初は、画像赤丸の位置(襟足の中心)にブラシをあて、頭頂部に向かってブラッシングします

最初は、画像赤丸の位置(襟足の中心)にブラシをあて、頭頂部に向かってブラッシングします。

次は、襟足の中心より少し外側にずれたところにブラシをあて、同じように頭頂部に向かってブラッシングします

次は、襟足の中心より少し外側にずれたところにブラシをあて、同じように頭頂部に向かってブラッシングします。

STEP3:耳周りをブラッシング

STEP3:耳周りをブラッシング

耳上にブラシをあて、そこから耳をなぞるようにして3回ブラッシングします。反対側も同じように行ったら終了です。

大きいサイズのブラシを使うとそれだけ頭皮にあたる面積が大きくなるので、マッサージ効果アップが期待できます。頭皮の血流がよくなるとぽかぽかとするので、リラックスしたい時にもおすすめです。お風呂に入る前や朝の支度時など、好きなタイミングにとり入れてくださいね!

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

 

【関連記事】
白髪を増やしたくない!今すぐできること3つ
今っぽく若見えに!40•50代がすべき髪型6つ
ゴム1本でできる!40•50代向けヘアアレンジ4つ
ドライヤーで汗だく?プロ直伝「美髪に仕上がる時短ドライ術」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら