つやプラ

つやっときらめく美をプラス

素麺で太らないために!一緒に食べたい身近な食材

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

お素麺が美味しい季節になりましたね。のど越しのよいお素麵は、暑くて食欲のない日でも、スルリと入る便利な食材です。

ただお素麺は、小麦粉を原料としているため、麺ばかり食べていては糖質過多になってしまいます。

そうめん

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して17年の美養フードクリエイターである筆者が、お素麺と一緒に食べることで、糖の吸収を穏やかにして腸活に役立つ食材を3つご紹介します。

■食べて腸活!お素麺と一緒に食べたい食材3つ

(1)トロロ昆布

お素麺と一緒に!腸活をサポートするヘルシー食材3つ

昆布は、水溶性食物繊維のかたまりのような食材です。

水溶性食物繊維は、消化を穏やかにして、一緒に食べたものの糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きがあります。また、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境美化をサポートします。

トロロ昆布にはうま味成分もたっぷり含まれていますから、お素麺に絡めて美味しくいただきましょう。

(2)トマト

お素麺と一緒に!腸活をサポートするヘルシー食材3つ

トマトは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれており、腸内環境を整えるのにおすすめの野菜です。

トマトとお素麺は意外な組み合わせかも知れませんが、うま味成分が豊富なトマトは、お素麺の汁との相性も◎。

また、トマトに含まれるリコピンには、紫外線からお肌を守る働きもありますから、お肌のためにも積極的に食べたい野菜です。

薄くスライスしたトマトを薬味的に添えて、一緒に食べましょう。

(3)えのき

お素麺と一緒に!腸活をサポートするヘルシー食材3つ

キノコは、菌そのもの。また、ほとんどが食物繊維のため、菌と食物繊維を一緒に摂ることができる腸活食材です。

どんなキノコでも良いのですが、えのきなら、それ自体が麺のように食べることができるため、お素麺の量を減らすことができます。

さっと湯通ししたえのきをお素麺に混ぜて、カサ増しすれば、食べすぎの予防にもなりますね。

■タンパク質もしっかり!

お素麺と一緒に!腸活をサポートするヘルシー食材3つ

食物繊維が豊富な食材を添えるだけでなく、栄養が偏らないようにタンパク質の食材も一緒に摂ることも大切です。ゆで卵蒸し鶏、ツナ缶、納豆など、お素麺と一緒に食べることができるタンパク質も添えると良いですね。

暑いからと、のど越しの良い麺ばかり食べていると、栄養バランスが乱れて夏バテの一因となります。腸内環境をサポートする食材をプラスして、タンパク質も忘れずに、お素麺だけで済まさないように心がけたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹に!スッキリをサポートするお茶3選[PR]
痩せたい40•50代は食べるべき「朝納豆」の食べ方2つ
毎日ヨーグルトで腸活!意外な食べ方5つ
「はみ肉」の原因は汚腸!?40代から毎日食べたい腸ケア食品3つ
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら