つやプラ

つやっときらめく美をプラス

パンパンのふくらはぎがスッキリ!歩き疲れた日のセルフケア

エクササイズディレクター
森和世

行楽シーズンは、自然を堪能したり、美術館やアウトレットへ出かけたりして、普段よりも歩く機会が増えます。長く歩くと、楽しい目的地まで気にならなかった足取りも、帰り道には「重い、だるい、痛い」など不快度が増してきます。

パンパンのふくらはぎがスッキリ!歩き疲れた日のセルフケア

そこで、YOGAエクササイズディレクターの筆者が、翌日も元気に外出できるように「疲労回復にオススメのふくらはぎケア」をご紹介します。

■パンパンに張ったふくらはぎは、簡単セルフケアで解消!

ふくらぎには、下半身に滞りがちな血液を戻す大事な役割がありますが、疲労で硬くなったり冷えたりすると、戻す機能が低下して、下半身に古い血液や老廃物が溜まったままになってしまいます。

今回ご紹介するセルフケアマッサージは、ふくらはぎのコリを解消して血流を促すので、疲労回復はもちろん、美脚効果も期待できます。

さらに身体に疲れが溜まると、身体は強張り、呼吸も浅くなり、ますます血流が悪くなり、ダル重状態から抜け出せなくなります。普段から深い呼吸を意識して、体内に血液を巡らせ、リラックスした状態にするようにも心がけてください。

こむらがえりや痙攣は、極度のストレスと緊張、物事をせっかちに求める人に見られる傾向ともいわれています。ぜひ、ゆっくりと実践して心身ともにリラックスしてみてください。

期待出来る効果

・疲労回復
・下半身のむくみ
・冷えの改善

注意する点

ゆっくり無理のない範囲で行いましょう。

実践回数&期間

脚のだるさを感じた時には、いつでも実践してみてください。

疲労回復!簡単「ふくらはぎセルフケア」のやり方

疲労回復!簡単「ふくらはぎセルフケア」のやり方

(1)手のひらと膝を床につけます。

疲労回復!簡単「ふくらはぎセルフケア」のやり方

(2)右すねを左ふくらぎの真ん中に乗せます。

疲労回復!簡単「ふくらはぎセルフケア」のやり方

(3)そのままお尻を床に近づけ、挟み込んだ右すねで左ふくらはぎをギューッと押します。約10秒ほどキープしましょう。

そのまま右すねを左の膝に向かって移動させて、膝裏もほぐしてください。さらに足首のあたりまで移動させるなどして、まんべんなく脚裏をほぐしてください。反対側も同様に動作してください。

いかがですか? 簡単な動作ですが、本当に脚がスッキリしてきます。最初は想像以上に痛くてビックリするかもしれませんが、それだけ疲労が溜まっている証拠だと思い、ゆっくりほぐしてあげてください。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】

腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ

タレ尻NG習慣をチェック!上向き美尻に導く1分エクサ

たったの3分!腰まわりのムダ肉を落とすエクサ

お腹のムダ肉がスッキリ!食べ過ぎも防止する「アブエクサ」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら