つやプラ

つやっときらめく美をプラス

シミ・くすみ対策に◎なスパイスって!?簡単美肌レシピ2つ

管理栄養士
今井尚美

日頃のスキンケアで手入れをしていても気になる、「シミやくすみ」。化粧でカバーできても、素肌を見てげんなりすることもありますよね。

クチナシ

管理栄養士の筆者が、サプリメントなどでシミやくすみ改善に利用されている成分「クロセチン」についてご紹介します。

■クロセチンとは

クロセチンとは

クチナシの実から抽出される天然色素で、1kgのクチナシからクロセチンは5g程度しかとれない貴重な成分です。

カレーライスに使われる「サフランライス」や「栗きんとん」「たくあん」などの黄色い色素に使われています。

■肌への働き

クロセチンを含む飲料を毎日2ヶ月摂取すると、顔のシミの面積が小さくなったという報告があります。くすみに関しても、6割以上の被験者が、摂取前よりも改善が認められたと答えたそうです。

また、クロセチンは、緑黄色野菜に含まれている強い抗酸化作用を持つ「β-カロテン」に比べると分子量が小さいため、吸収率が良いのではないかとも考えられています。

「飲む日焼け止め」にもクロセチンが含まれている!?

肌のシミ・くすみ改善などの働きから、近年流行している「飲む日焼け止め」にもクロセチンが利用されていることがあります。

紫外線対策には、食事やサプリメントなどで身体の内側からケアすることも大切です。

■クロセチンを含む食品とは?

「パエリア」「サフラン」「栗きんとん」「栗の甘露煮」「ブイヤベース」などに含まれています。いずれも黄色の色素ですね。

冒頭でも述べたようにクチナシの実から抽出できる量は少ないため、食事を基本としてサプリメントでおぎなうことも一つの方法です。

■クロセチンを摂取できる簡単レシピ2つ

スパイスの「サフラン」を使った、簡単にできるレシピを2つご紹介します。

(1)サフラン入りホットミルク

朝晩と冷え込む季節の、ホッと一息つきたい時におすすめです。

材料(1人分)

・牛乳 1カップ(200ml)

・サフラン 1つまみ

・水 大さじ1

・砂糖 小さじ1~2

作り方

(1)サフランを小鍋に入れ、中火で、から煎りします。香りが出てきたら火を止めます。

(2)(1)に牛乳、水、砂糖を加えてかき混ぜます。沸騰しない程度にあたためましょう。

(3)沸騰する直前で火をとめ、耐熱グラスに注いだら完成です。

(2)サフランクリーム

ヨーグルトを使っているため罪悪感も少なく、間食にもおすすめのメニューです。

材料(4~5人分)

・サフラン 10本

・生乳ヨーグルト 1パック(300~400g)

・はちみつ お好みの量

作り方

(1)ヨーグルトは3時間以上、水切りしておきましょう。

(2)サフランは色素を抽出しておきます(15~20分)。

(3)(1)のヨーグルトに、サフラン抽出液とはちみつをかけ、よく混ぜたら完成です。

サフランを調理する時のポイント

サフランの「黄色色素」は水に溶ける性質があるため、水やお湯で15分~20分浸して色素をしっかり溶け出させて使用しましょう。抽出後のサフランは取り出さなくても構いませんが、気になる人は抽出液のみを使用しても良いでしょう。

いかがでしたか? シミやくすみ改善のためスキンケアも大切ですが、気になる方はクロセチンを含む食品やサプリメントも活用してみてくださいね。普段、なかなか使うことが少ないサフランレシピも簡単にできるので、ぜひ参考にしてみてください。

(フリーランス管理栄養士 今井尚美
「根拠のある情報を」「体の内側から美しく」がモットー。健康や美容に関する記事執筆や相談業務などフリーで活動中。糖尿病療養指導士、ピンクリボンアドバイザーの資格有。現在はサプリメント管理士の資格取得中。)

【関連記事】
生理の憂鬱を和らげる!薬膳的「生理中のおやつの選び方」
パンとコーヒーで体が冷える?「薬膳的」にNGな朝食とは?
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選
食物繊維が2倍に!?栄養を逃さない「フルーツの切り方」

【参考】
クロセチン – わかさ生活
シミ・くすみ – 理研ビタミン

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら