つやプラ

つやっときらめく美をプラス

毎日食べて内側からキレイに!美腸になれる秋のフルーツ3つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

食欲の秋といわれるように、秋は食べものが美味しくなる季節ですね。サンマや秋鮭などの海産物、栗やサツマイモなどの農産物、そして、ブドウ、梨、柿といったフルーツも実り豊かな季節です。

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、美味しいものをしっかり食べても、余分なものを溜め込まない美腸作りをサポートする秋フルーツを3つご紹介します。

りんご

■毎日食べたい!美腸をサポートする秋フルーツ3つ

(1)リンゴ

毎日食べたい!美腸をサポートする秋フルーツ3つ (1)リンゴ

1日1個のリンゴは医者いらず、といわれるほど栄養バランスのいいリンゴ。リンゴには、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維は、善玉菌の大好物です。リンゴを毎日食べることで、善玉菌であるビフィズス菌が増えるとの調査もありますから、ぜひとも毎日食べていただきたいフルーツです。

また、リンゴの皮にはポリフェノールも豊富に含まれていますから、よく洗って皮ごと食べたいですね。

(2)梨

毎日食べたい!美腸をサポートする秋フルーツ3つ (2)梨

梨のシャリシャリとした食感を出しているのは、石細胞。これも食物繊維の仲間です。また、梨の甘味の成分の一つであるソルビトールには、便を柔らかくする働きがあり、便秘がちな方におすすめです。

ただし、東洋医学では身体を冷やすくだものとされていますので、食べ過ぎに注意しましょう。

(3)いちじく

毎日食べたい!美腸をサポートする秋フルーツ3つ (3)いちじく

東洋医学では、いちじくは油脂を含有しているため、大腸をなめらかにして下痢や便秘などの腸の不調を解消する潤下類(じゅんげるい)に分類されています。実際、いちじくには、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれていますから、腸内環境美化には最適なフルーツです。

また、消化酵素も含まれるため、消化不良によるお腹のハリや腸の不調を感じている方にもおすすめです。

フルーツは、食物繊維だけでなく、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが含まれた美容と健康に役立つ食べものです。秋の美味しいフルーツを毎日の食生活にプラスして、食べてキレイを実践したいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ
夏の疲れを「食」でケア!秋の始まりに食べたい食材3つ
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
リンゴ摂取による血液中の中性脂肪減少、ビタミンC増加、腸内細菌叢改善 - 農研機構
旬の食材(梨)栄養 - 医療法人錦秀会

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら