つやプラ

つやっときらめく美をプラス

低カロリー・低糖質だけじゃない!「マイタケ」の魅力3つ

ベジ活アドバイザー
生井理恵

キノコ類のなかで「マイタケ」だけに、太りにくい身体づくりに役立つ成分が含まれています。

マイタケ

ベジ活アドバイザーの筆者が、美味しいだけじゃないマイタケの知られていない魅力を3つご紹介します。読み終わったころには、マイタケが食べたくなると思います。

■マイタケの知られざる魅力3つ

(1)太りにくい身体作りに!マイタケ独自の「MXフラクション」

ほかのキノコ類にはないマイタケ独自の成分として近年注目されているのが、「MXフラクション」という成分です。

血糖値の上昇をゆるやかにする働きのほか、小腸や肝臓でのコレステロールの吸収を抑制し、コレステロールの排泄を促進するなどの脂質低下作用もあるのだそうです。太りにくい身体づくりに役立つ成分として期待されています。

ダイエット中の人は、簡単にプラスワンできる鍋物や味噌汁の具材から活用してみてはいかがでしょうか。

(2)低カロリー&低糖質

マイタケのカロリーは、100gでわずか16キロカロリーほどです。市販されている1パックが約90gといわれていますので、ダイエット中でも量を気にせずに食べることができますね。糖質も低く、ヘルシーな野菜の1つです。

マイタケは、腸内のコレステロールを吸収して排出する働きがある「食物繊維」や、脂肪の溜め込みを防ぐ働きのある「キノコキトサン」も含みます。ダイエット中はもちろん、体調管理のためにも普段から意識してとりたいですね。

(3)免疫力強化に役立つ

マイタケに含まれる「β-グルカン」には、免疫力を高める働きがあると考えられています。季節の変わり目は体調を崩しやすいです。健康的な身体作りにも役立てましょう。

マイタケパワーを充分に得るためには、1日50g前後の量でもOKだといわれています。マイタケは冷凍保存もできます。冷凍することで細胞が壊れるので、健康成分や旨味成分が出やすくなるのだそうですよ。試してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか? マイタケはたくさんの健康効果が期待されている秋の野菜の1つでもあります。活用してみるといいですね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
朝の飲み物で体調を整える!薬膳的「目覚めの一杯の選び方」
5分で完成!美肌とダイエットに役立つデトックスウォーター
食物繊維が2倍に!?栄養を逃さない「フルーツの切り方」
老け見えの原因は顔色?パッと顔色を良くする裏技&レシピ

【参考】
お知らせ|「まいたけ」だけが持つダイエットパワー。「MXフラクション」に注目! – 雪国まいたけ
マイタケ – カロリーSlism
マイタケ – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら