つやプラ

つやっときらめく美をプラス

究極のリラックス&リフレッシュを味わえる「無」になるヨガ

健康美運動指導士
MIKA

早いもので今年も残すところ、あと少しですね。12月は「師走」ともいいますが、師走の「走」という字が忙しくバタバタと走り回っている年末を感じますよね。

忘年会にクリスマス、大掃除、年賀状と、やることがたくさんあり、心も身体も疲れてはいませんか?

究極のリラックス&リフレッシュを味わえる「無」になるヨガ

フィットネス美トレーナーの筆者が、そんなあなたに心と身体のリラックス方法を伝授します。

■「シャバアーサナ」で頭と心、身体の疲労回復に導く

「シャバアーサナ」で頭と心、身体の疲労回復に導く

「シャバアーサナ」は 直訳すると「しかばね」や「死体」を意味します。ヨガの最後に行うポーズです。

なんだか怖い名前ですが、意識はあるけれど何も考えずに眠らない「無」の状態を目指します。ですが、寝てしまうこともあります。

それほど、身体の疲れだけではなく、心と身体をつないでいる自律神経のバランスを整えたり気持ちをリラックスさせます。頭の中の疲労までも回復する効果が期待できます。

15分ほど行うシャバアーサナは、2〜3時間の睡眠に匹敵する疲労回復効果があるともいわれています。

■「シャバアーサナ」のやり方

「シャバアーサナ」のやり方

(1)仰向けに寝ます。手のひらは上向きにして、身体からは少しはなれた位置に置きましょう。

(2)両足を少し開いて、力を抜きます。

(3)頭を軽く左右に動かして、首の力をぬきます。

(4)目を閉じて、顔の筋肉の力も抜きましょう。目の奥の力、頬の力、唇の力、奥歯をかみしめる力をすべて緩めましょう。

(5)全身の力が抜けたら、自分の呼吸を感じてみてください。慣れていない方は、3分ほど行いましょう。慣れてきたら時間を少しずつ長くしていきます。

「何もしない」ということがむずかしい

このポーズは、頭の中を空っぽにするので「何もしない」ポーズですが、ついほかのことを考えてしまったり寝てしまったりと、「何もしないでいる」ということがいかにむずかしいかを感じます。

寝ているような起きているような「瞑想状態」を体験することができれば、最大のリラックス効果を得られることでしょう。

いかがでしたか? 簡単なようでむずかしい「シャバアーサナ」で、究極のリラックス&リフレッシュをしてください。今年の疲れは今年のうちにすっきりして、素晴らしい2020年を迎えましょう。

(フィットネス美トレーナー MIKA
フィットネス指導歴30年。ヨガ、サップヨガ、ピラティス、フィットネス全般指導、各種イベント講師。心とカラダの健康美をサポートする「フィットネス美トレーナー」として活動中。)

【関連記事】
姿勢が悪いと太りやすい!?ゆがまない体をつくる方法
ダイエット中のおやつに最適!無印良品のギルトフリーお菓子
二重アゴ&首すっきり!スマホ疲れも改善する簡単ストレッチ
座ったまま骨盤周りを整える!体も温まる「お尻歩きエクサ」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら