つやプラ

つやっときらめく美をプラス

寒さで凝った肩に!肩こり解消&二の腕すっきりストレッチ

エクササイズディレクター
森和世

ここ最近の寒さに首や肩がガチガチに固まり、上がった肩が下がらないという人も多いでしょう。YOGAエクササイズディレクターの筆者が、肩こり解消ストレッチエクササイズをご紹介します。エクササイズ効果もあるので、二の腕や背中肉も引締めます。毎日の習慣にしてくださいね。

肩甲骨

■肩こり&二の腕スッキリ!肩こり解消ストレッチエクササイズ

ご紹介するストレッチエクササイズのポイントは、肩甲骨から腕を動かす意識をもつことです。

意識付けとして、一度、片手で実践するとわかりやすいかもしれません。最初の動作で肘を胸の前に引き上げる時、その肩が上がらないようにもう片方の手を置いてみてください。つまり、肘を上げる時に肩が盛り上がったらNGです。脇や二の腕で肘を押し上げる意識が大事です。

日常生活でこの意識をもって腕を上げる動作を行うと、肩こりが軽減されます。ぜひ、動画を見ながら感覚をつかんでみてください。

期待できる効果

・二の腕引締め

・肩こり、首の疲れ、背中の疲れ、目の疲れ解消

・姿勢が整う

・冷え、むくみ解消

実践回数&期間

疲れを感じた時にいつでも実践して効果を感じてください。

「肩こり解消ストレッチエクササイズ」のやり方

座り姿勢から、胸の前で両肘と手のひらをつけます。この時、肩甲骨を下げる意識で肩が上がらないように注意してください。吸う息で両肘を顔の前まで引き上げ、吐く息で肘を胸までおろします。これを3回繰り返しましょう

(1)座り姿勢から、胸の前で両肘と手のひらをつけます。この時、肩甲骨を下げる意識で肩が上がらないように注意してください。吸う息で両肘を顔の前まで引き上げ、吐く息で肘を胸までおろします。これを3回繰り返しましょう。

次に、胸の前から腕を大きく開き、吐く息とともに大きな円を描く動作を3回繰り返します

(2)次に、胸の前から腕を大きく開き、吐く息とともに大きな円を描く動作を3回繰り返します。

最後に、肩の高さに腕を伸ばし、肩を内側、外側に回して肩甲骨から指先までをゆっくり3回ねじるイメージで腕の疲れを解消させます。腕を深く絞れば、二の腕のムダ肉も引き締まります

(3)最後に、肩の高さに腕を伸ばし、肩を内側、外側に回して肩甲骨から指先までをゆっくり3回ねじるイメージで腕の疲れを解消させます。腕を深く絞れば、二の腕のムダ肉も引き締まります。

腕を肩から動かすと肩こりになりやすいので、肩甲骨から動かすよう意識すると肩こりが改善されます。また、寒い時期は肩回りを動かすだけでも血流がよくなるので、日々の習慣にしてください。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森 和世)

 

【関連記事】
姿勢が第一印象を決める?美姿勢の要・腸腰筋のトレーニング
どっしり腰回りスッキリ!?「片脚バランス・エクサ」
【動画】下腹の浮き輪肉を撃退!ぺたんこお腹に導くエクサ
お尻を鍛えればお腹が凹む?寝たままポッコリお腹解消エクサ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら