つやプラ

つやっときらめく美をプラス

名刺入れは玄関?仕事運の良い人が意識しているポイント3つ

ライフスタイルコンサルタント
横田真由子

毎日、一生懸命仕事にとり組んでいても、上手くいく時と上手くいかない時があります。上手くいかないことが続く日に、チェックしていただきたいことがあります。

仕事運を下げる3つのNG

延べ3000人を支援してきたキャリアカウンセラーで、ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、仕事運の良い人が常に気をつけている3つのポイントをお伝えします。

■名刺入れがくたびれていないか

初対面の名刺交換では、あなたの名刺入れも見られています。もし、角がすり減っているようでしたら、早めに新しいものととり替えましょう。

くたびれた名刺入れでは、あなたの信用もすり減ってしまいます。名刺入れは、家で例えると玄関のようなもの。

始めて訪問したお宅の玄関が汚れていたらどう感じますか? 美しい玄関で初対面のお客様を出迎えるようなイメージで名刺交換をしましょう

■靴が汚れていないか

「足が重い」「足が地につかない」「足下を見られる」など、足にまつわる慣用句はたくさんあります。いかに、足が重要かを物語っているのではないでしょうか。

いつもピカピカの靴を履いていた営業ウーマンは、定期的にプロに靴磨きを依頼して取引先のお客様の信用を勝ちとっていました。靴は小さい面積ですが重要なアイテムですので、一度プロにお願いしてみてはいかがでしょうか。

プロの手で磨かれる工程を見ることも勉強になりますし、仕上がりの素晴らしさに感動します。仕事へのモチベーションが上がるきっかけにもなりますよ。

■襟がシワシワ・ヨレヨレになっていないか

「襟を正す」という言葉がありますが、これは服装を整えるだけではなく態度や姿勢を正しく改め、気を引きしめて物事にあたるという意味があります。ジャケットやシャツの襟がシワシワ、ヨレヨレだと、顔つきも貧相に見えますので気をつけたいところです。

ある国会議員の先生は、遊説で一日中走り回る時、ジャケットの襟にワイヤーを入れて型崩れを防いでいると聞きました。与える印象が襟で左右されることを知っているからです。

ジャケットやシャツの襟にスチームアイロンをかけて、パリッとさせる習慣をつけましょう

ご紹介した3つのポイントを整えて気分と印象をアップさせ、仕事運を上げていきましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田 真由子)

 

【関連記事】
お金がお金を産む?幸せ度が上がる満足度の高いお金の使い方
逆境に負けず立ち向かう!「トラブルに強い星座」トップ3
コスパ意識が高い!?「やりくりが上手な星座」ランキング
有意義にお金を使える?12星座別・2021年上半期の金運

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら