つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ダイエットの効率アップ!「ナッツファースト」のすすめ

美容ライター
ユウコ

ナッツは、各種の栄養素がバランスよく含まれた身体にとってとても理想的な食材です。食前に食べる習慣をつけると、ダイエットの効果アップも狙えます。

ナッツ ミックスナッツ

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、「ナッツファースト」の魅力についてご紹介します。

■ナッツを食前に食べると食事の量を無理なく減らせる

食事の前に歯ごたえのあるナッツをゆっくりとよく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されます。すると食欲が抑えられ、そのあとの食事の量が無理なく減る傾向があります。

特に強い空腹感がある時は、食べ過ぎを防ぐためにも実践していただきたい食べ方です。

■血糖値の急上昇を防ぐ!?

空腹の状態で米やパンなどの炭水化物を食べてしまうと、血糖値が急上昇し「インスリン」というホルモンが必要以上に分泌されてしまいます。すると、糖分を脂肪として蓄えやすくなります。これを防ぐためにも、低糖質なナッツを食前にいただくことは理想的な食べ方。

また、ナッツは食べ物の消化吸収をゆるやかにする「食物繊維」が豊富ですので、いっそう血糖値の上昇を抑えることに役立ちます

■腸活にもおすすめ

食物繊維」が豊富なナッツは、腸活にも役立ちます。

そのほかにも、ナッツには腸の働きを活発にさせる「オレイン酸」も含まれているので、ダブル効果で腸内環境の改善が望めます。

■目安は手のひらに1杯分

とはいえ、食べ過ぎにはもちろんご注意ください。ダイエット中の場合は、1日に200Kcal程度の摂取を目安にいただきましょう。

アーモンドなら20粒、くるみなら10粒程度が適量です。おおよそ手のひらに1杯分と覚えておくとよいでしょう。

■「素焼き」で「無塩」のものを

ダイエット中は、油で揚げたものではなく素焼きされたタイプのものを選んでください。

さらに、無塩のものなら塩分過多の心配もなくいただけます。

■間食におすすめ!「ナッツのはちみつ漬け」のレシピ

ダイエット中でも、間食に甘いものが食べたいということもありますよね。そんな時におすすめのレシピです。少量でも満足できますので、ぜひ作ってみてください。

材料(作りやすい分量)

・お好みのナッツ(素焼きタイプ) 150g

・はちみつ 150g

作り方

(1)ナッツをフライパンで5分ほど乾煎りします。

(2)煮沸消毒した密閉容器に(1)を入れてはちみつを加え、フタをすれば完成です。

冷暗所で保存してください。1年ほどの保存が可能です。

もはやナッツは食べない手はないといえるほどの美容フード。常備しておけば口寂しさからの食欲も抑えられますので、ぜひ日常の食生活のレギュラーとしてとり入れることをおすすめします。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
老化を防ぐ!トーストにのせるべき食材
40・50代にオススメの白髪対策とは?[PR]
「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ
朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」

【参考】
アーモンド – わかさ生活
くるみ – わかさ生活
オレイン酸 – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら