つやプラ

つやっときらめく美をプラス

栄養士が教える、透明感ある肌に導く「食事のコツ」3つ

やなぎさわ えりな

IMG_7057

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年齢が上がることに気になるのが、お肌のシミ・シワです。とはいえ、アラフォー女性でも透明感のある肌作りはできます。いつまでも「きれいな肌」を保っていたいですよね。

栄養士が教える、透明感ある肌に導く「食事のコツ」3つ

今回は、綺麗な肌を保つ食事のポイントをご紹介します。

■肌の透明感を上げる食事法

(1)「糖質」を控える

糖質の取りすぎが原因で、体内が“焦げる”ような現象が起こることを「糖化」と呼びます。体内で糖質とタンパク質が結びついて「AGEs」というエイジング因子を作ってしまうのです。

「AGEs」が体内で増えると細胞が固くなるので、肌の弾力が失われ、老け顔になる原因のひとつとなります。

したがってこれを避けるには、糖質の過剰摂取をしないことがポイントになってきます。お菓子や果物の食べ過ぎには注意しましょう。

(2)発酵食品を積極的に摂取する

発酵食品を積極的に摂取する

「美肌」と「腸」は密接な関係があり、腸内環境を整えると「透明感のあるきれいな肌」を手に入れることができます。腸内環境を整えるには「発酵食品」がおすすめです。

最近では、腸は「第二の脳」といわれるくらい重要視されています。腸内には、乳酸菌・ビフィズス菌などのたくさんの微生物が存在しており、消化吸収に大きな役割を果たしています。

腸内環境の悪化が、不健康はもちろん、「年齢より老けて見える」「疲れやすい」「痩せにくい」といった負の悪循環をもたらす原因となります。日常から発酵食品を取り入れる習慣をつけて、腸内環境をととのえましょう。

代表的な発酵食品

・チーズ
・味噌
・醤油
・鰹節
・ヨーグルト
・ぬかづけ
・キムチ

普段取り入れられる調味料に「塩麹」「醤油麹」もプラスしていくと良いでしょう。

(3)美肌ビタミン「ビタミンC」の効果的な食べ方

ビタミンCは「美肌ビタミン」として有名なビタミンの1つです。肌のキメを整え、ターンオーバーを正常に導き、シワやたるみ、シミを改善してくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。

ただし、ビタミンCは加熱で喪失しやすい特徴があります。生で食べると良いでしょう。

また、尿や汗と一緒に体外に出てしまうので、毎日しっかりと摂取するようにしましょう。一度に大量ではなく、数回に分けてこまめに摂取することがキーポイントです。

いかがでしたか? 寒い冬が終わるころに「透明感のある肌」になっていることを目指して、普段の「きれい」に差をつけましょう!

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
痩せるつもりが逆効果!栄養士が教える「太りやすい食事法」
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
養蜂を見極めて!美容家が本当に食べている「ハチミツ」3選
止まらない食欲に!栄養士が教える「食べ痩せ」ポイント3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ツヤ肌を叶える「艶肌ファンデーションブラシ」をプレゼント

つるんとツヤのある肌は女性の理想ですよね。ベースメイクで理想の肌を実現しようと思っても、ファンデーションがツヤのない仕上がりになってしまったり、厚塗りになってしまったり…なんてことも。 理想のツヤ肌が …

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら