つやプラ

つやっときらめく美をプラス

食べてシミ予防!肌トラブル予防にとりたい「栄養素」2つ


やなぎさわ えりな

IMG_7057

紫外線の強い季節が去っても、油断ならないのは「シミ」ですね。気がついたら目の周りや頬にポツポツと現れていませんか?

シミがあると、年齢が上に見られがちです。40代をすぎてシミに悩む女性は、多いのではないでしょうか。

食べてシミ予防!肌トラブル予防にとりたい「栄養素」2つ

「きちんと紫外線ケアしているのになぜ?」と思われるかもしれません。できてしまったシミを完全になくすことはむずかしいですが、まだできることはあります。

管理栄養士の筆者が、毎日の食生活で、シミや肌荒れといったトラブルを予防する方法をご紹介します。

■「シミ」ができるメカニズム

紫外線は活性酸素を発生させ、皮膚の表面を酸化させてシミができやすい状態にします。この作用は、抗酸化作用のある成分を含む食べ物を食べることで、やわらげることが期待できます。

抗酸化作用のある成分は、「ビタミンC」「ビタミンE」が代表的です。野菜等の色素成分であり、色の濃い野菜ほどたくさん抗酸化物質を含んでいます。

■「シミ」予防に効果的な栄養素2つ

残念ながら、できてしまったシミを完全に消す食べ物は存在しません。ですが、シミができることを予防したり、肌をケアしてくれる効果のある食べ物はあります。

(1)ビタミンC

体内からアプローチ!「シミ予防に効果的な栄養素」2つ (1)ビタミンC

「ビタミンC」は知っての通り、肌の代謝を促進する働きがあります。積極的に摂取することで、肌のきめを整えたり、肌のトラブルを予防したりできます

強い抗酸化作用を持ち、シミのもとである「黒メラニン」の合成を抑えます。

「ビタミンC」を多く含む食べ物(100g中)

・赤ピーマン 170mg
・黄ピーマン 150mg
・レモン(全果) 100mg
・キウイフルーツ 69mg
・いちご 62mg

(2)ビタミンE

体内からアプローチ!「シミ予防に効果的な栄養素」2つ (2)ビタミンE

強い抗酸化作用を持つ「ビタミンE」は、活性酸素を除去し、シミがつくられるのを防ぎます。全身の血液の巡りをよくして、新陳代謝を活発にします

若返りビタミンとしても知られています。

「ビタミンE」を多く含むたべもの(100g中)

・アーモンド 29.4mg
・サフラワー油 27.1mg
・コーン油 17.1mg
・なたね油 15.2mg
・あんこうきも 13.8mg
・すじこ 10.6mg

早めのうちにシミ予防を行いましょう。外側からのケアも大切ですが、同時に体内からも、シミができる原因をおさえていきたいですね。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら