つやプラ

つやっときらめく美をプラス

見た目磨きだけではダメ!?大人のちょこっと美容のコツ3つ

三浦 絵里子

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

アラフォーになると、ふとした瞬間にお肌のたるみやシワ、体力や記憶力の低下が気になることがあります。この時、ハッと頭に浮かぶのが「美容」の2文字です。「美容を今から始めても遅い?」と思ったら、それは大きな間違いです。

見た目磨きだけではダメ!?大人のちょこっと美容のコツ3つ

今回は、「美しさは心身の健康と豊かな感性に宿る」というモットーを掲げて活動をしている筆者が、アラフォーから始める肩肘張らない「ちょこっと美容」をお伝えいたします。

■アラフォーからのちょこっと美容

アラフォーから始める美容こそ、効果が出やすいといってもいいでしょう。これまでの経験値から正しい知識を集約し、その中からかしこく自分に合ったものが選択できるからです。

ひとつ強調したいのは、アラフォーになったら見た目を磨くだけの美容ではダメということです。そして、美容を意識しすぎて頑張りすぎることもよくありません。

(1)飲み物のクオリティを上げる

近年は食の安全を意識し、オーガニックや有機食品を選択する人が増えています。しかし、コストを考えると毎日とり入れるのはむずかしいですよね。そんな場合は、「飲み物」の質を重視してみましょう。

成人の60~65%は水分でできているため、水分のクオリティは健康と美容にとって重要です。そして、お茶を飲む時間は、心がほっとして副交感神経が優位になる時間でもあります。

「上質」で「美味しい」ものを、少しずつそろえてみてください。

(2)正しい姿勢で歩く

パソコンの前に座って仕事をしたり、家でキッチンに立ってお料理をしていると、どうしても視線が下がる場合が多いでしょう。すると、姿勢は前かがみとなり猫背になります。

アラフォーで姿勢が悪いと、確実に老け見えにつながります。せめて外を歩く時は、背筋を伸ばして歩くよう、意識してみてください。

正しい姿勢をとる方法は、とても簡単です。身長を測る時のように壁に背を向けて立ち、頭、肩、お尻、足が壁に当たるようにします。そのまま一歩前へ出た時の姿勢を崩さないようにしましょう。

(3)休養を大切にする

アラフォー女性は仕事に家事にと大忙しの世代なので、副交感神経を優位にし、心身をいかに休ませるかが重要です。リラックス方法は人それぞれですが、思いつかない人は、心地よいバスタイムや睡眠環境を整えることから始めてみましょう。

いかがでしたか? アラフォーが突然、若者と同じような美容を始めても苦しいだけです。ポイントは、自分らしさを失わず、ご紹介した「ちょこっと美容」を習慣にすることです。

効果的な日々のアラフォー美容を、今日から始めて、続けてみましょう。

(ホリスティックビューティインストラクター 三浦絵里子
英国で自然療法を学び、帰国後は日本ホリスティックビューティ協会(HBA)で植物療法のインストラクターとなる。「美は心身の健康と豊かな感性に宿る」をモットーに、HBAの運営に携わりながら講師や美容ライターとして活躍中。)

【関連記事】
首と手元も「顔」と思って!プロが教える「顔のお手入れ」
100均で揃う!保湿ケアを底上げする「美容ツール」4選
マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
水大事典 – サントリー

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら