つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ダイエット中も◎栄養士おすすめ「ホットヨーグルト」レシピ


やなぎさわ えりな

IMG_7057

美容と健康に良いと知られている「ヨーグルト」は、そのまま食べる方がほとんどだと思います。しかし、ヨーグルトは冷たいまま食べるよりも、温めて食べるほうが身体に良いことをご存知でしょうか?

ダイエット中も◎!管理栄養士が教える「ホットヨーグルト」

管理栄養士の筆者が、「ホットヨーグルト」についてご紹介します。

■ヨーグルトの特徴

ヨーグルトの特徴

ヨーグルトは、発酵させることで乳糖が分解されやすくなっています。さらに、腸内環境を整えてくれる「善玉菌」が多く含まれているほか、“幸せホルモン”と呼ばれている「セロトニン」の材料になるアミノ酸の一種「トリプトファン」も含まれています。

タンパク質も含まれているため、ダイエット中のタンパク質補給にもおすすめです。

■ヨーグルトは何度くらいに温めると良い?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、非常にデリケートです。冷たすぎても温めすぎてもNGです。

乳酸菌が活性化する温度は、25~43度です。ですから、グツグツ煮ると乳酸菌は死滅してしまいます。

温める方法

ヨーグルトを耐熱容器(マグカップ等)に入れ、水を少量混ぜて500wのレンジで30〜40秒ほど温めてください。この時、温めすぎないように注意しましょう

ヨーグルトを耐熱容器(マグカップ等)に入れ、水を少量混ぜて500wのレンジで30〜40秒ほど温めてください。この時、温めすぎないように注意しましょう。

■「ホットヨーグルト」のメリット

いつもヨーグルトを食べているけれど「便秘が解消されない」「おなかがはる」「身体が冷える」という方は、温めて食べた方が効果を期待できるかもしれません。

ヨーグルトを温めると乳酸菌が活発になり、内臓も温められます。上記のようなお悩みがある方は、体内が冷えている可能性もあるので、ぜひお試しください。

■ヨーグルトの選び方

加糖されていないプレーンタイプのものを選びましょう。

何種類か試してみて、自身にあったものをみつけてくださいね。

■ホットヨーグルトのアレンジレシピ2選

(1)ホットヨーグルトと甘酒のきなこドリンク

材料(1人分)

・ホットヨーグルト 80g
・甘酒(ストレートタイプ) 20g
・きなこ 適量

作り方

ホットヨーグルトと甘酒を混ぜ、その上にきなこをかけてできあがりです。

(2)ホットヨーグルトのせグラノーラ

材料(1人分)

・グラノーラ 皿1杯分
・ホットヨーグルト 40g
・ベリーミックス 適量

作り方

グラノーラにホットヨーグルトとベリーをのせてできあがりです。

いかがでしたか? アレンジレシピもとても簡単なので試してみてくださいね。ホットヨーグルトで腸からきれいになりましょう。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
納豆にちょい足しで効果倍増!?「納豆に加えたい食材」3選
“冬便秘”対策に◎身体を芯から温める「腸活鍋」3つ
冬太りストップ!野菜の「効果的な食べ方」3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら