つやプラ

つやっときらめく美をプラス

座ったままでOK!たるみ尻がふわふわ美尻になるストレッチ

ウォーキング講師
長坂靖子

プリッと上がったヒップラインと、ふわっとした触り心地のヒップは理想的ですよね。

筋トレをしていない方でも、ご自身のヒップを触って「柔らかい」と思うかもしれませんが、それは脂肪がついてたるみ、ブヨブヨしているだけです。

座ったままでOK!たるみ尻がふわふわ美尻になるストレッチ

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、ふわふわヒップに導く「ヒップストレッチ」をご紹介します。

■理想的な「ふわふわヒップ」とは?

「ふわふわヒップ」と「ブヨブヨヒップ」は、触り心地が異なります。

ふわふわヒップは、筋肉があることが大前提です。そのうえで、筋肉の柔軟性を高めて巡りを良くすると、ふわっとした柔らかいヒップになります。

理想的なヒップは、筋肉の柔軟性を高めることがポイントです。「筋トレしていないから無理」と、あきらめないでください。ヒップの筋肉は誰にでもあるので、その筋肉の柔軟性を高めるだけで、今よりもふわっとしたヒップになります。

■「ふわふわヒップ」を妨げる6つの行動

(1)長時間座っていることが多い

(2)歩く時に、ひざが曲がっている

(3)歩幅が狭い

(4)バスタイムは、シャワーですませることが多い

(5)身体が固い

(6)座った時に、足を組むクセがある

上記の6つの行動は、ヒップの筋肉を使わない、またはヒップ周辺の巡りが悪くなる動作です。どちらも、ヒップの柔軟性を妨げる原因となります。

■座ってできる!筋肉の柔軟性を高める「ヒップストレッチ」

毎日の生活の中でいつのまにか、ヒップの筋肉が固くなっていませんか? 筋肉の柔軟性を高めるために、座ってできる簡単なヒップストレッチをご紹介します

イスに浅く腰かけ、足は腰幅に開きます

(1)イスに浅く腰かけ、足は腰幅に開きます。

片足の太もも裏で手を組み、胸にひきよせます。この時、背筋を曲げないように気をつけましょう

(2)片足の太もも裏で手を組み、胸にひきよせます。この時、背筋を曲げないように気をつけましょう。

(3)そのままの状態で30秒キープし、緩めます。これを3回繰り返し、反対側の足も行います。

朝晩、1日2回程度行いましょう。同時にヒップの筋トレを行うと、理想のヒップラインに近づきますよ。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂 靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】

腹筋だけではNG!ポッコリお腹解消に本当に必要なこと3つ

タレ尻NG習慣をチェック!上向き美尻に導く1分エクサ

たったの3分!腰まわりのムダ肉を落とすエクサ

ぽっこりお腹すっきり!便秘解消にも◎なヨガポーズ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら