つやプラ

つやっときらめく美をプラス

老化のもと“AGE”を抑える!「酢キノコ」の作り方

ベジ活アドバイザー
生井理恵

老化を促進させるといわれている「糖化」は、身体の「タンパク質」と「脂質」が糖と結びつくことによっておこります。

それによって発生する「AGE(終末糖化産物)」は、「コラーゲン」の弾力を失わせてシワやシミなどの要因にもなるのだそうです。

酢キノコで美味しく健康管理

糖化を予防する食べ物として最近注目されているものの1つに「酢キノコ」があります。抗酸化成分が多く糖化を抑制するのに役立つキノコに、糖化反応を抑える働きがあるともいわれる酢を加えた料理です。

ベジ活アドバイザーの筆者が、酢キノコがアンチエイジングにおすすめな理由と、簡単酢キノコレシピご紹介します。

■ゆるやかな血糖値上昇と、AGEの生成が抑えられる

食後1時間が、身体のなかで「AGE」が生成されやすいと考えられています。食後30分から1時間で血糖値が上がり「糖化」が起こってしまうためです。

ですが、食事と一緒に大さじ1程度のお酢をとることで、食後の血糖値上昇をゆるやかにすることが明らかになっています。急激な血糖値上昇をさけることは、糖化反応を抑えることにもつながります。

AGEは、生で食べるよりも加熱調理をすることで量が増えてしまいますが、つねに生のものを食べることも現実的ではありませんよね。

AGEが気になる時は、お酢を加熱料理の下ごしらえに使ってみましょう

■抗酸化成分が充実する「キノコ」

糖化を抑制する食材に「キノコ」があります。

キノコは、「食物繊維」が豊富で低GIな食材です。糖の吸収を抑制して、ゆるやかな血糖値の上昇が期待できます。

また、キノコには抗酸化成分である「エルゴチオネイン」が含まれています。新鮮なキノコに多く含まれる成分で、水やお湯に溶け出し熱や酸にも強いのが特徴です。

■アンチエイジングに役立つ「酢キノコ」

ゆるやかな血糖値上昇に働きかける「お酢」と、豊富な食物繊維と抗酸化成分が含まれている「キノコ」を組み合わせた「酢キノコ」は、老化の要因である糖化反応を抑えることにつながるため、アンチエイジングに役立ちます

血糖値の急上昇を抑制する働きも期待できるので、ダイエットや日々の健康管理にもおすすめですよ。

■酢キノコのレシピ

酢キノコのレシピをご紹介します。調理過程で水分がキノコからでる場合がありますが、酢キノコのなかにはいれずに、みそ汁などにいれて活用してくださいね。

材料(つくりやすい分量)

・マイタケやシイタケなどのキノコ 400g

・水 大さじ3

A

・米酢 150ml

・甜菜糖(砂糖) 大さじ1

・塩 小さじ1

作り方

(1)キノコ類は粗みじん切りにします。

(2)水と(1)のキノコをフライパンに入れてフタをし、スチーム炒めをします(焦げないように注意)。

(3)火が通ったら、よく混ぜ合わせたAの中に(2)を入れ、なじませたら完成です。

いかがでしたか? アンチエイジングにおすすめの酢キノコを、お肉や魚料理のつけあわせとして活用してくださいね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
5分で完成!美腸と美肌づくりに◎な秋の「朝ごはん」レシピ
薬膳で更年期の不調をケア!心と身体をいたわる身近な食材
甘酒の飲み過ぎには注意!?「甘酒」の美容効果とデメリット
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
老化の原因「糖化」を防止しよう – オムロン
ニュースリリース – ミツカン
※(2019)「日経ヘルス 2019月12月号」(日経BP社)

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら