つやプラ

つやっときらめく美をプラス

内もものたるみスッキリ!下半身引き締めスクワット


藤本千晶

体重を落としてもなかなか細くならないのが太ももです。特に、太ももの内側の脂肪をスッキリさせることに苦労している人は非常に多くいます。

なぜ内ももはたるみやすく、引き締まりにくのでしょうか?

スクワット

女性の体型改善の専門家であるパーソナルトレーナーの筆者が、内ももがたるむ原因と引き締めるためのエクササイズを紹介します。

■内ももがたるんでくる原因

なぜ内ももがたるんできてしまうのでしょうか? それは、女性は骨格の特性上、内ももの筋肉が使いにくくなっているからです。

男子と比較し骨盤が大きい女性は、太ももの骨が内側に回転し膝が内側を向きやすい骨格をしています。

これを股関節の内旋と言います。

内ももの筋肉は、股関節が内旋されると力が発揮しにくくなります。そのため、日常生活でも内ももが使われることが少なくなり、筋肉が落ちていき、たるんできてしまうのです。

■座り仕事中心で下半身の筋肉が弱る

特にデスクワーク中心の人は注意が必要ですが、座り仕事が中心だと、内ももの筋肉が弱くなってきてしまいます。

内ももの筋肉の主な機能は太ももを内側に動かしたり、片足で立ったとき左右に倒れないようにバランスをとったりすることです。

しかし、座りっぱなしが続くとそれらがほとんど機能せずにどんどん筋肉がなくなり、硬くなってしまいます。

そのため内ももがどんどん緩んできてしまうと考えられるのです。

■ラテラルスクワットのやり方

以上、ご説明したことを改善するために、内ももの筋肉を伸ばして鍛えるラテラルスクワットというエクササイズを紹介します。

内もものたるみスッキリ!美脚をつくるラテラルスクワット

(1)足幅を、肩幅よりも広くとります。

(2)つま先は、正面か少し外側に開きます。

内もものたるみスッキリ!美脚をつくるラテラルスクワット

(3)体を左側に移動させながら、左側だけでスクワットを連続10回行います。右足は、地面にべったり付けたままです。

(4)そのまま反対側も同様に行います。

(5)左10回右10回、これを2〜3セット繰り返しましょう。

これはNG!注意点

特に起こりやすい動作の間違いは、足の裏が床から離れることです。実施している最中は、必ず足の裏を床にべったりつけておきましょう。

内もものたるみスッキリ!美脚をつくるラテラルスクワット

内もものたるみスッキリ!美脚をつくるラテラルスクワット

内ももは非常に弱くなりやすいですし、鍛えにくい箇所です。日常のエクササイズごとに、このラテラルスクワットを取り入れて、内ももの筋肉をケアしていきましょう。

(パーソナルトレーナー 藤本 千晶)

 

【関連記事】
40•50代からすべき骨盤底筋トレ で下腹凹ませ&尿漏れ予防
40•50代から始めるべき「太らない方法」4つ&お腹周り引き締めエクサ
垂れ尻を上向きヒップに!骨盤の位置も整う1分間小尻エクサ
座りっぱなしで「象足」に!?極太「老け足」を防ぐケア

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら