つやプラ

つやっときらめく美をプラス

旬食材でアンチエイジング!鮭&きのこのシンプル美味レシピ

美容ライター
ユウコ

秋が旬の食材が出そろってきました。この季節に美味しい食材のなかには、抗酸化力にすぐれたものや免疫力アップが期待できるものなど、アンチエイジングに役立つパワーフードも多くあります。

秋の味覚でアンチエイジング!体を労わるダイエットレシピ

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、今こそ積極的に食べたい食材と、そのシンプルなレシピをご紹介します。

■シミ、シワ、たるみが気になったら、「鮭」を

夏の間にうっかり紫外線を浴びてしまったという方は、「肌の酸化」をストップさせたいものですよね。

メラニンの生成は、「チロシン」という物質が酸化することで起こります。また、紫外線はコラーゲンや皮脂などの酸化も進めてしまうため、シミやシワ、たるみといったトラブルにつながってしまいます。

そんな時は、「鮭」を食べましょう。鮭に含まれている「アスタキサンチン」には、強力な抗酸化作用があります。さらには、美白や美肌効果までも期待ができます。

この時期こそ摂取して、肌ダメージを回復を目指しましょう。

■鮭を使ったおすすめレシピ2選

(1)生鮭の南蛮漬け

揚げずに作るので、低カロリーでダイエット向きです。常備菜にもどうぞ。

材料(3~4人分)

・生鮭の切り身 400g

・にんじん 1/2本

・玉ねぎ 1/2個

・ピーマン 2個

・はちみつ 大さじ1

・しょうゆ 大さじ2

・酢 大さじ2

・ごま油 適宜

・小麦粉 適宜

作り方

(1)にんじん、玉ねぎ、ピーマンはそれぞれ千切りにしておきます。

(2)はちみつ、しょうゆ、酢を混ぜ合わせたら、(1)を漬け込みます。

(3)生鮭は食べやすい大きさに切り、小麦粉をまぶしておきます。

(4)フライパンでごま油を熱し、(3)を入れて両面にしっかりと火を通します。

(5)(4)を(2)に加えてざっくりと混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほどなじませれば完成です。

(2)鮭と豆腐のハンバーグ

手軽に作れるダイエットメニューです。お弁当にもどうぞ。

材料(3~4人分)

・生鮭の切り身 300g

・絹ごし豆腐 1丁

・小麦粉 大さじ2

・オリーブオイル 大さじ1

・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)絹ごし豆腐はキッチンペーパーに包んで電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱し、水切りをしておきます。

(2)皮と骨を取り除いた生鮭を小さく切り、ミキサーにかけます。

(3)(2)に、小さく切った(1)と小麦粉、塩、こしょうを加えて、さらにミキサーで攪拌します。

(4)フライパンでオリーブオイルを熱し、(3)をスプーンですくい落しながら両面焼けば完成です。

■きのこ類で、「老けにくい」身体づくりを

老けにくい身体づくりに重要なのは、免疫力を上げていくことです。また、免疫力が下がれば、身体の不調を感じる日が多くなる場合もあります。

老けにくい身体づくりのために、秋が旬の「きのこ類」を食べましょう。きのこ類に含まれている「β-グルカン」には、免疫力を高める効果や、腸内環境を整える作用も期待されています

■きのこを使ったおすすめレシピ2選

(1)きのこのポタージュ

数種類のきのこを使って、身体が温まるポタージュをお召し上がりください。朝食にいただけば、その日の代謝アップも期待できます。

材料(作りやすい分量)

・まいたけ 1パック

・しめじ 1パック

・エリンギ 1パック

・牛乳 300ml

・鶏がらスープ 300ml

・バター 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)まいたけ、しめじは食べやすい大きさにほぐし、エリンギは薄切りにしておきます。

(2)鍋でバターとオリーブオイルを熱して、(1)を加えてしんなりするまで炒めます。

(3)(2)に鶏がらスープを注ぎ、弱火で10分ほど煮ます。

(4)(3)の粗熱がとれたら、ミキサーにかけて攪拌します。

(5)(4)を鍋に戻し、少しずつ牛乳を加えて温めます。塩、こしょうで味を調えれば完成です。

(2)まいたけとさつまいものサラダ

旬のさつまいもと合わせた、食べごたえのあるサラダです。腸活にも最適の一品です。

材料(3~4人分)

・まいたけ 1パック

・さつまいも 1本

・グリーンアスパラ 1束

・にんにく 1かけ

・オリーブオイル 大さじ2

・バルサミコ酢 小さじ1

・しょうゆ 小さじ1

・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)さつまいもは乱切りにして水にさらし、水気を切ったら電子レンジ(600W)で5分加熱します。

(2)グリーンアスパラは5㎝幅に切り、固めに茹でておきます。

(3)まいたけは手で裂いておきます。

(4)フライパンでオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたにんにくを入れて香りが立つまで炒めます。

(5)(4)に(1)(2)(3)を加えてさらに炒め、バルサミコ酢としょうゆを入れてひと混ぜし、塩とこしょうで味を調えれば完成です。

いかがでしたか? 私たちの若さは、日々食べるものによって大きく左右されます。きびしかった夏を乗り越えてきた身体を、秋の味覚で癒してケアできるのはうれしいことですね。旬の食材は、その季節の身体に最も合うともいわれます。どうぞ美味しく楽しんでください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
秋バテで便秘に!?ストレスに負けない「朝キウイ習慣」とは
「隠れ肥満」はたんぱく質不足のせい?タイプ別ダイエット
生理の憂鬱を和らげる!薬膳的「生理中のおやつの選び方」
痩せ体質になる飲み物は?ダイエット中に飲みたいお茶3選

【参考】
サケ – わかさ生活
アスタキサンチン – わかさ生活
β(ベータ)グルカン – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら